So-net無料ブログ作成

2008秋ドラマ 「Room Of King」 [drama]

今秋のドラマもそろそろ佳境に入ってきたので、ここいらでおさらいをしておこう。

Room Of King (フジテレビ・毎週土曜 後11:10~11:55)

出演:
水嶋ヒロ、鈴木杏、井川遥、渡部篤郎、板尾創路、石野眞子、平山広行、深沢敦、大倉孝二、斉木しげる、伊集院達也、ミッキーカーティスほか

あらすじ:
青山の高級マンション「KING」で、3人の不動産屋にそれぞれ声をかけられた9人がルームシェアをはじめる。みな職業も境遇もさまざまな人たちで「なぜ自分たちが集められたのか?」と疑問を持ち出したころ、謎の不動産屋がやってきて、これから9人の中でKINGを競ってもらい、勝者にはこのマンションを譲るという。9人はとまどいながらも、自分の人生を一歩先に進めようと行動しはじめる・・・

私的視点:
とにかく出演者が個性的。脚本・演出の大宮エリーは何年も前から構想を暖めていたらしく、役者それぞれの特性にあった配役というか、役者の持つ一番「その人らしい」役というか、とにかく役者同士のやりとりがとても自然で物語を楽しめる。
かっこいいけど優柔不断でだらしないところもあるが人一倍やさしくて乗るとすごいスタイリスト=渡部篤郎、頭よくて芯も強くて頼られると真剣に応えようとするあまり説教しちゃう姉御肌の女医=井川遥、馬に新メニューのアイディアをもらうという何を考えているのかわからない謎の料理人=板尾創路、自分の世界で独特の芸術表現を繰り広げながら口ずさむ歌で人を勇気付けるアーティスト=大倉孝二、などなど。
ここに、腰掛OLから一念発起してアイドルを目指す不器用な女の子=鈴木杏、フリーターでふらふらとしていながら自分にできることやりたいことに徐々に目覚めていく青年=水嶋ヒロの若い二人が接着剤のように動き、どこにいくかわからないアメーバーのようなドラマが進行していく。

「ロスタイム・ライフ」や「SP」などを生み出したフジテレビの土曜深夜枠は、ドラマの形式というか堅さとかにこだわらない、新しくユニークなドラマが出てくるので毎回非常に楽しみだ。
芸能事務所主導のアイドル崇拝ドラマはもう見飽きた。純粋に話がおもしろい、だから演じている役者もおもしろい、すると生き生きとした演技になり、ドラマが何層にもおもしろくなる、それが視聴者にも伝わるからおもしろい。そんなドラマを見たい。
この「Room Of King」はおもしろい。かなりいい線いっていると思う。ドラマはワクワクさせてなんぼだ。

roomofking_logo.PNG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。